こんなに簡単手作り財布の作り方

お財布はお店に売られている商品を購入するのが定番ですが、自分で作ってしまっても構いません。ブランド品の財布など、とても魅力的な商品が多数提供されているものの、世界で一つだけの財布を作りたいなら、手作りが一番です。財布の形には色々ありますが、できるだけ単純な構造をしていたり、形がシンプルなものであれば、初心者でも簡単に手作りできる魅力を持っています。最初から完璧に手作りできる人はいないでしょうが、少し練習を重ねるだけで、どんどん上手くなっていきますので、何度も手作りにチャレンジすることをおすすめします。趣味としても丁度良い存在だといえます。趣味で作ったものをただ飾るだけで終わらせるのではなく、生活に活かしやすいのが手作り財布の優れた部分です。

長財布なら形がシンプルなので作りやすい

お札を折らずに済む長財布への関心が高いですが、このタイプは長方形とあり、生地のカットが簡単で、初心者でも作りやすいのが魅力です。好みの絵柄の生地を用意し、長方形にカットしていきます。生地同士を繋げる場合にはミシンで縫ったり接着芯で貼りあわせていきます。最初は1枚の絵柄の生地でも構いませんが、慣れてきたらレース生地などを加えるとおしゃれになります。小物入れの部分はファスナーを縫えば、あっという間に完成です。ミシンでまっすぐ縫うだけですので、とても簡単です。カード入れを作りたいなら、口の部分を内側に折り込み、縫っておきます。縫い目や生地の縁が見えないように、裏返してから各パーツを縫い合わせます。縫い終わったら生地を表に返して、長財布をとめるボタンなどを取り付けていきます。

がま口財布も割と簡単に手作りできる

口を開けるのが簡単で便利な、がま口財布にもチャレンジしてみましょう。がま口の部分は市販の口金を用意します。100円ショップに売られていることがありますが、初心者であれば口の部分が真っ直ぐな口金がおすすめです。本体は長財布のような形状にすると、初心者でも難しく考えることなく作れます。好みの生地と接着芯などを用意します。使いやすいサイズに切り、表と裏の生地それぞれに接着芯をつけ、裏面を表側にして両端を塗っていきます。今度は表と裏の生地を縫い合わせて、口金を取り付けます。口金は専用の差し込み器具を使うと、簡単に取り付けが可能です。器具は1000円以下の価格で、通販でも簡単に入手できます。たったのこれだけで完成です。生地の表と裏を間違えないように縫うのがコツとなります。