意外と簡単にできる手作り財布の作り方

私たちが外出するときに必ず持ち歩くものとして財布が挙げられます。お金など貴重なものを入れておくものであるため、こだわりを持ちたいものです。気に入ったものを店頭で選んで購入しようとされる方が多いでしょう。しかし、気に入ったものがなかなか見つからないという事も起こります。そこで検討していきたいのが自分で手作りしてみるという事です。お気に入りの素材を使って使いたい大きさに仕上げることが出来ればお出かけもより楽しくなります。いつものお出かけファッションにちょっと変化を付けておきたい方などはぜひチャレンジしてみましょう。簡単なものであれば手芸に慣れていない方でも簡単に作ることが出来ます。まずはコンパクトで作りやすいサブの財布からチャレンジしてみましょう。

シンプルなものならすぐに作れる

手作りしてみたいと思ったら、まずは簡単に作れるシンプルなものからチャレンジしてみましょう。慣れていない方はフェルトなどの切りっぱなしで良い布地を使うのがコツです。コインケース程度なら本体を袋状に縫い、蓋にボタンを付けてボタン穴を付ければできます。フェルトなら切りっぱなしでボタン穴ができるので、切って縫うだけの簡単な手順で作ることが出来ます。これならお子さんでも作れるので、親子で楽しみながら作ってみるのもよいでしょう。アップリケなどで柄を付けてみるのも素敵です。最近ではフェルトにあらかじめ柄がついているものも多いので、そういったものを選べば好きな柄を選んで作るだけで本格的な見た目に仕上がります。ボタンとの色の組み合わせなども楽しみながら決めていきましょう。

少しレベルアップして使いやすい財布を

ある程度手芸に慣れてきた方は、もう少しレベルアップした作品を作ってみましょう。手作りであってもファスナーを付けることが出来ると、収納したものが落ちにくくなり財布として使いやすくなります。お気に入りの柄の布を用意してファスナーで開閉できる袋を作れば財布として利用が可能です。布地が硬めの場合や仕切りを作る場合などはL字にファスナーを付けると、大きく開くので中のものをとりやすくなります。布地でサブ財布を作るのではなく、もっと本格的に作りたいならレザークラフトで財布を作成していくとよいでしょう。メインづかいもできる本格的なアイテムに仕上げることもできます。自分の力と作りたいもののバランスを考えながら、どのようなものなら作れるか考えてみるのも楽しいものです。