手作りで世界に1個しかない財布を作りましょう

これから新しい財布を手に入れたいと考えている方にとって、手作りは良い選択肢の1つになります。見た目が好みで機能性の高い財布を手に入れたいと思っている方には、特におすすめの方法です。手作り財布を作るのは意外に簡単で、道具もそれほど多く使う必要はありません。作り方もある程度決まっていますので、決まった方法で作業をしていけば初心者でも比較的簡単に製作できます。近くに手芸屋さんが無いという場合でも、材料はインターネットを利用して意外にリーズナブルに入手できるものです。ミシンを持っていないという方や、裁縫が苦手という方が使いやすい裁縫用の接着剤もありますので、特別な技術や経験は必要ありません。デザインを選んで材料を集め、それらを組み立てていく簡単な方法で手作り財布ができあがります。

手作り財布を作るには、何から始めれば良いのか

手作り財布を作る為に、まずは好みのデザインを探してみましょう。インターネット上では、有志の方が無償で型紙や作り方の手順を公開しています。この中で好みのデザインがあれば、手作り財布を作る難易度は大きく下がるでしょう。型紙をプリンターでコピーすれば、そのまま型紙として利用できます。次に、財布の外観を決める色や柄を決めましょう。どちらも好みで構いませんが、ここで重要なのが財布の表面の質感です。手作り財布に使う素材としては、様々な物が利用できます。もし、布を選ぶのなら布の質感は見た目に意外に大きな影響を与えますので、できれば実際に手に取って見てみるのが大切です。また、金具の色やサイズも重要です。色の定番はゴールドとシルバーですが、デザインによっては若干くすんだクラシックな外観の金具の方が似合う場合もあります。材料の組み合わせは千差万別。少しの違いで見た目が大きく変わる、手作りの面白い部分です。

手作り財布の製作に、あると便利なもの

手作り財布を初めて製作する方にとって、難関になるのがミシンかけです。手芸を趣味にしている方にとっては比較的短時間に終えられる作業でも、初めて挑戦する方にとっては難しいものです。また、手芸が趣味と言う方以外は、ミシンそのものを持っていない場合も多いでしょう。そこで活躍してくれるのが、手芸用の接着材です。手芸用の接着材は普通の糊と同じ様に、貼り合わせたい部分に塗りつけて使用します。アイロンを当てればミシンで縫うよりも高い強度で布を張り合わせられますし、糸もほつれにくくて丈夫な財布として作れます。また、手芸用の接着剤はレースを張り付けるのにも使えますので、可愛いデザインにしたい方にも便利な道具と言えます。もし、手芸を趣味にしたいと考えているのなら、パッチワーク用の小型アイロンを購入しておくと便利です。手芸用の接着剤で接着する際、細かい部分のアイロンがけに役立ちます。